投資のはなし

初心者のためのお金の増やし方【厳選2】安全に確実に損せず増やせる?

今よりもっと資産を増やしたい、誰もが1度は思うことだと思います。しかし、給料だけでは早期に資産を増やすことや、一定の貯蓄を行うことは難しいです。

また、毎月の出費は一定額掛かるため、給料に対して手元に残とるお金は少ないといった状況も珍しくありません。

そこで投資や節約初心者の方へ、お金の増やし方に関する基本的な考え方とおすすめの資産運用方法などについて、ご説明します。

お金の増やし方は、単純に収入を増やすということではありませんので、初心者の方は広い視野を持って覚えてみましょう。

初心者が押さえておくべきお金の増やし方の基本

お金の増やし方とは、主に3つの考え方を指します。出費と収入、投資の3つのことで、それぞれを見直すことが何より大切です。

初心者の多くは、投資や副業など収入を増やすことを重視しますが、それだけでは十分ではありません。

もちろん投資も有効な手段ですが、まずはお金の増やし方に関する基本3点の把握から始めることをおすすめします。

出費を見直す

お金を増やすだけでなく、毎月の出費、支出について見直すことも大切です。いわゆる家計の見直しとも呼びます。毎月の支出を見直すことは、収入を増やすずとも元に残るお金が増える方法です。

また、収入を増やすことは今すぐできますが、節約や支出の見直しは今日からできます。

支出の見直しとしては、以下の行動を始めてみましょう。

  • 一か月の生活費を確認
  • 家計簿を細かくつけて、全てのお金の出入りを記録する
  • 食費と光熱費など固定費以外の支出を収入の4%前後に抑える

初心者にとって、食費や光熱費を抑えることは大変ですので、負担の小さい交際費や趣味、保険の見直しから始めるのがおすすめです。

そして、見直した前後で、どの程度貯蓄や手元に残るお金が増えたか記録します。

収入を増やす

収入を増やすことも、お金の増やし方に必要な要素です。しかし、初心者にとって収入を増やすことは、支出を抑える以上に難しい内容になります。

そのため、最初から高いハードル設定をしないことが、継続するためのコツです。

収入を増やす方法は、昇給を期待するか収入源を増やすかの2択と、比較的シンプルな考え方です。

投資も収入を増やす方法といえますが、ここで説明している収入とは、昇給か投資以外の副業を始めるかのどちらかを指します。ただ、昇給となると時間が掛かるので現実的ではありません。そこで、副業を検討してみましょう。

たとえばフリマアプリやライター、ハンドメイドショップの立ち上げなど、様々な仕事があります。

投資を始める

支出や収入の他に、お金の増やし方に関する考え方の1つが、投資を始めることです。

本業以外の収入源を作り、副業で得た収入を一定金額貯めて投資に回すと生活費や本業の収入に影響を与えずに済みます。

また、注意するポイントがあります。それは、投資には元本保証や値上がり保証がないことで、必ず利益を得られる訳ではありません。

ですので投資を始める際は、前述で述べたように副業など本業以外の収入源から捻出することで、損失を被った際に生活への影響を抑えることができるのです。

投資に必要な資金は、金融商品や目的によって異なりますが、株式投資では100万円あると大型株も購入できるようになります。

ただ、投資信託の場合は1万円から積立投資できるので、少額投資でも中長期的に資産構築が可能です。

初心者におすすめのローリスクなお金の増やし方

お金の増やし方は、様々な考え方や手法があるものの、初心者にとって難しい側面もあります。FXや仮想通貨は、短期的に大きな利益を狙うことも可能ですが、元本を失うリスクもあるため初心者におすすめできません。

そこで初心者におすすめの、ローリスクなお金の増やし方をご紹介します。

投資信託のインデックスファンドに投資

投資信託はミドルリスクミドルリターンな金融商品ですが、ファンドによってリスクとリターンが変わります。

ベア型やブル型のファンドは、市場の平均値の数倍の運用を目標としているため、それだけリスクも高まり、手間も掛かるので手数料率も高いです。

一方インデックスファンドは、市場の平均値に沿った運用を目標としているので、ファンド側の手間が掛からず手数料が少ないのが特徴です。また、平均値が目標となると、急激な価格変動も少ないメリットを得られます。

初心者の中で、積立投資で少しずつ資産を増やすお金の増やし方を実行したい場合は、投資信託も視野に入れた準備をしてみましょう。

個人向け国債を始める

告示向け国債とは、文字通り個人に販売している国債のことです。証券会社で購入できる金融商品で、短期と中期、長期の3種類から選ぶことができます。

なぜ、初心者のためのお金の増やし方として、国債をおすすめしているかといいますと、ローリスクだからです。

国債の担保は国ですので、国が破綻しない限り投資金額を回収可能です。また、3年型と5年型は固定金利0.05%で設定され、10年型は変動金利0.05%と違いがあります。

初心者はお金の増やし方の基本である3つの見直しから始める

節約や資産運用などに関して初心者の方は、まず支出と収入、投資3つの見直しから始めることが基本です。。

そして副業などで得た収入を貯め、10万円や50万円まで増えたのち投資に回します。お金の増やし方は、支出を減らしつつ収入を増やすことがポイントですが、安全に損せず増やせるわけではありません。

投資信託や個人向け国債は、ローリスクといえど損失リスクはあるので、確実に増痩せる手段を探すのではなく、リスクコントロールについて勉強することをおすすめします。