投資のはなし

初心者が少額投資でお金を増やす3つの裏技!1万円からでもできる資産運用

投資初心者の中には50万円や100万円といった、まとまった資金を用意するのが難しいケースもあるのではないでしょうか。

確かにどの金融商品でも資金力のある方が、無理な投資を行う必要がなくリスクと利益率を抑えても、月10万円以上の収入を得ることが可能です。

しかしまとまった投資資金を用意するのは容易ではありません。

そこで少額投資を検討してみてはいかがでしょうか。

少額投資とは、従来必要とされてきた投資資金額よりも、少ない金額で資産運用を行うことです。

今回は投資初心者の中で少額投資を検討している方へ向けて、少額投資の基本からお金を増やすために必要なポイントを、ご説明します。

少額投資を始める前に押さえておくべき基本

少額投資は1万円から始められるので、まとまった資金を集められない場合や、資金はあるけれど試しに少しだけ投資してみたい場合におすすめです。

また、相場状況によっては1万円から数10万円まで、資金を増やすことも可能ですが注意点や知っておくべき基本があります。

まずは少額投資の基本を押さえておきましょう。

少額投資で損失を抑えるための基礎知識

冒頭でも触れていますが、少額投資とは一般的に1万円もしくは10万円以下の資金で、投資を始めることを指します。

なぜ、少額投資と呼ばれているのか、それは投資とは一般的に100万円などまとまった資金が必要だからです。

たとえば株式投資の中には、最低購入単価100万円を超える大型株や、中小企業の中にも50万円以上の資金が必要な銘柄もあります。

ですので、少額投資を始める場合は上記に挙げたような数10万円以上の資金が必要となる、銘柄や金融商品を除いた別の方法を模索することが大切です。

少額投資だからといって生活費には手を出さないこと

人によって感覚は異なりますが、5000円や1万円といった少額の資金ということもあり、生活費や目的のある貯金に手を出す場合がありますが、やってはいけません。

仮に少額投資で全額損失しても少額ですので、また生活費や貯金から引き出そうとする癖が付くリスクがあり、気付いたら貯金が減少していたといった事態になりかねないです。

また、少額投資も何度も資金投入していれば、あっという間に貯金など10万円や50万円は減るので、あくまで投資資金と生活費は分けて考えましょう。

少額投資でできることやできないこと

少額投資でお金を増やす、と考える前にできること・できないことを整理しておくことが大切です。

たとえば株式投資の大型株や中型株の多くは、最低購入単価20万円や100万円ですので購入できません。

また、信用取引を始めるためには、証拠金30万円程度を用意する必要があるため、少額投資では始められない取引の1つになります。

また、FXも証拠金取引ですが通貨ペアによって、必要保証金が違うだけでなくレバレッジ倍率で更に変わるのが特徴です。

ただ、投資初心者にレバレッジ取引は、ハイリスクですので別の金融商品を選ぶのがおすすめ。

投資初心者でもできる少額投資3つのコツ

少額投資の基本を理解した上で、投資初心者でもできる3つのコツについてご説明していきます。

少額投資は金額が小さいため、仮に全額損失したとしてもただちに生活へ影響を及ぼすものではありません。

ですので、初心者でも比較的始めやすいメリットがあります。

また、少額投資に合わせたルールや金融商品もあるため、これらを活用することがお金を増やす基本です。

株式投資の割安株を購入する

割安株とは、株式の価値に対して価格が安い銘柄のことで、東証一部市場でも度々見かけるタイプになります。

こうした割安株は、本来の価値よりも低く見積もられているため将来的に、本来の価値に戻る可能性もあるのが特徴です。

また、少額投資でも購入できる金額も多いため、投資初心者にもおすすめの投資方法・コツです。

割安株を探す方法は、PERとPBRといった1株辺りの価値や財務の健全性を確認する指標と、オシレーター系指標を使いましょう。

大型株は単元未満株で対応する

大型株は最低購入金額50万円や100万円といった、銘柄が多いため投資初心者や資金力のない方にとって手が届きません。

しかし、そのような時は、単元未満株で購入する方法がおすすめです。

単元未満株とは、銘柄ごとに定められている最低購入株数100株=○○円といった、株数を小さくした状態で購入できる方法になります。

たとえば100株100万円の大型株が、単元未満株も提供していれば1株1万円の買い注文を出すことが可能となるのです。

また、売却時も同様の注文が可能。

上昇トレンド形成後の、今購入すれば利益を得られるといった確認ができた段階で、単元未満株を購入するのもコツです。

ただし、成り行き注文しかできないため、割高な価格で購入しなければいけません。

ですので、トレンド形成後を狙う必要があります。

株以外では投資信託を活用する

投資初心者が少額投資できる金融商品は、株式投資だけではありません。

たとえば投資信託も少額投できます。

投資信託は、数100円からでも積立もしくは通常購入できるので少額投資に合っており、個別銘柄選びを行う手間もありません。

特に積立投資ができる点は、株式投資と大きな違いです。

また、投資信託は短期的に大きく稼ぐ金融商品ではありません。

そのため少額投資で、コツコツ利益を積み重ねるスタンスと相性が良く、5年・10年単位で1万円を50万円や100万円と増やすにはおすすめです。

少額投資に合った運用方法を行うことが大切

少額投資は、投資初心者でも始められる、比較的ハードルの低い投資方法とイメージするかと思います。

確かに5000円や1万円から始めることができれば、仮に損失を被っても心理的・生活に影響を与える程ではありません。

しかし、だからといって油断は禁物です。

ただ、投資初心者自身合った少額投資の運用方法を見つけられれば、株式投資や投資信託でも一定の利益を狙うことは、可能になるでしょう。