投資のはなし

旅行積立おすすめ比較ランキング5!本当にお得?年利が高いのはどこ?

世の中には積立式の保険や資産運用などありますが、中でも旅行積立と呼ばれる商品について気になっている方もいるのではないでしょうか。

旅行積立とは旅行会社が実施しているサービスで、文字通り旅行資金を積み立てることができ、満期時に積立額に一定額を上乗せした旅行サービスを受けることができます。

つまり旅行専用の積立商品です。

国内の大手旅行会社や旅行代理店などが実施しているサービスですが、数が多いということもあり、何を選べば良いのか悩んでいることもあると思います。

そこで今回は旅行好きで旅行積立に興味があるあなたへ向けて、おすすめの旅行積立をランキング形式で比較しつつ、選び方についてもご紹介します。

おすすめの旅行積立を比較ランキングで紹介

まずは旅行積立を比較ランキング形式で、ご紹介していきます。

旅行積立を初めて利用する方にとって、具体的にどの企業が実施しているのか、どのような特徴があるのか知りたいところです。

旅行積立は旅行会社や旅行代理店が、主に販売している商品ですのであらためて調べる時も、旅行会社のサービス概要から確認することをおすすめします。

今回は年利の高さと積立金額の2点を中心に、独自ランキングを作成しました。

1.ANAの旅行積立プラン

大手航空会社のANAが販売している旅行積立プランで、ANAカードで申し込み手続きを行うことができます。

また、ANAカードで申し込み、支払い手続きを行うとマイレージポイントが貯まるので、普段からANAを利用している方にとってはマイレージという点でもお得です。

主な特徴としては数多く販売されている旅行積立の中でも、初年度年利3%と高い設定という点でしょう。

2年目からは2.25%となりますが、それでも2%台ですのでANAを利用していて、尚且つ旅行積立を検討している方におすすめです。

積立金額は毎月5000円以上から設定でき、一括積立の場合は50000万円になります。

2. JALの旅行積立

続いても大手航空会社JALが販売している旅行積立サービスで、こちらも年利3%と高く、利用者がお得に利用できる設定です。

また他にもANAと同様に、JALカードを利用して申し込み、支払い手続きを行うとJALのマイレージポイントが貯まるので、JAL利用者にとってメリットとなります。

他者と比較して特にお得といえるポイントは、たとえば一時払い6ヶ月満期コースです。

一時払い6ヶ月満期コースとは、一括払いができるだけでなく6ヶ月で満期となる設定となっているため、実質年利が6%と更に高く設定されています。

半年後に旅行を検討していて、尚且つ年利をより高いサービスにしたい方は、JALの旅行積立から検討してみるのがおすすめです。

3.日本旅行のドリームプラン

次のおすすめは、日本旅行が販売している旅行積立プランです。

日本旅行とは、日本で最初に設立された旅行会社で、JR西日本の子会社でもあります。

日本旅行が提供しているサービス概要ですが、積立額3000円から設定可能で、積立期間は半年から60ヶ月までと幅広く、尚且つ2年目から年利が上がります。

つまり1年未満は1.5%、2年目からは1.75%となるため、2年以上の積立を行う方向けのプランといえるでしょう。

JALやANAとの比較ポイントとしては、受けられるサービスで、JRのチケットといった私鉄切符を用意している点です。

つまり飛行機よりもJRで西日本を旅行する方は、日本旅行の旅行積立をおすすめします。

4. H.I.S.の旅行積立貯めチャオ

交通関係の企業以外では、旅行会社大手H.I.S.が販売している旅行積立プラン、貯めチャオに注目です。

サービス概要は他の旅行積立プランと同じく、毎月払いと一括払いの2種類から選び、積立金額と積立期間を設定します。

積立金額は3000円の少額から設定可能で、積立期間は毎月払いの場合6回から60回、一括払いの払いは6ヶ月から60ヶ月分の間で可能です。

年利は約1%から2.15%程度になっていて、他社よりも利率設定が細かく計算されています。

他者との比較ポイントは満期時に受取れるサービスの種類で、H.I.S.の商品券SKYを受け取ることができます。

そのためH.I.S.を利用して旅行、そして旅行先でお土産など様々な商品を購入したい方はお得に活用できるのでおすすめですよ。

5. JTBのたびたびバンク

旅行会社系の旅行積立はH.I.S.だけでなく、JTBのサービスからも比較検討してみましょう。

JTBが販売している旅行積立、たびたびバンクでは毎月払いや一括払いを選んで指定した金額と期間だけ積立を行います。

比較ポイントは、フリープランと受けられるサービスの種類です。

JTBでは3つ目のプランを用意していて、1円から自由に積み立てられるのが他社とは違った魅力となっています。

また、商品券ではなく企画型旅行や国際航空券、宿泊を伴う旅行などに利用できる点も豊富で尚且つ独自性があります。

定期積立プランは1.75%、フリープランは0.8%の年利です。

旅行積立を比較する時に注目すべきポイントとは

旅行積立プランを比較する時に、注目すべきポイントをご紹介します。

利率

旅行積立プランで比較するポイントは、何といっても年利です。

年利といっても、ただ比較するだけではいけません。

各社で金利の変動方法は異なるものの、一般的に積立期間で金利が上下します。

そこで、今あなたが積み立てる総額と、積立期間をあらかじめ決めておきます。

その時に満期となる時期で、各社の金利を比較してみましょう。

1年はB社よりA社の年利が高いとしても、3年後を満期とするとB社の方が高い場合もあります。

旅行積立は自身が利用しているサービスと年利と積立期間に注目する

旅行積立は、どの企業も同じように見えるかもしれません。

しかし、今回紹介した5社を比較するだけでも、積立プランの概要から積立金額、積立期間や年利まで異なっています。

ですので、まずは自身が利用している旅行会社や航空会社などから選び、金利の高さや受け取ることができるサービスも比較検討しましょう。