投資のはなし

純金積立のメリット・デメリットは?向いている人やリスク回避する方法

資産運用に用いる商品は様々ですが、その中でも金資産に興味を抱いている方もいることでしょう。

金への投資方法にも種類があり、少額投資も可能な方法が純金積立です。

つまり純金積立は、投資資金100万円以上なかったとしても積立投資を始められる金融商品ですので、これから資産を増やしたい方にもメリットもあります。

しかし純金積立自体は、一般的に知られていない資産運用でもあるので、投資初心者にとって分からない点が多く、始めるまでのハードルが高い側面もあるのです。

そこで今回は純金積立で資産を増やす方へ向けて、メリットとデメリットをはじめ純金積立に向いている人や、リスクを回避するために必要な知識をご紹介します。

純金積立にも運用リスクは存在するので、必ず余裕資金で始めましょう。

純金積立のメリットとデメリットとは

純金積立という投資方法は、金を購入するのですが手元に金が届く訳ではありません。

金額指定を行い、購入注文を発注します。

つまり金そのものを直接売買する訳ではないので、3000円といった少額で積立が簡単にできるわけです。

そして純金積立ならではのメリットとデメリットについて、以下にご紹介します。

少額投資で積立が簡単にできる

何度か触れていますが、純金積立のメリットは少額投資を積立できるという部分です。

大手貴金属店の場合は、手数料を3000円と低コストにしているため、投資資金を用意できるが初めてで不安という方や、そもそも投資資金が少ない方でもメリットになります。

金地金(実際に金を受け取る)投資の場合は、g式で購入するため一定の資金は必要になります。

ただ、10gといった単位であれば、純金積立と同じように4000円前後で購入可能です。

しかし、現物を受取る手間なく自動積立ができるので、手軽に始めやすいという点が金地金とは異なります。

保管方法を消費寄託にすると投資信託のような仕組みに変わる

純金積立を始めると、自身が購入した金の運用方法について選択もできるようになります。

つまり売却をしない限り手元に金を受取らないため、保有時は特定保管と消費寄託の2種類に分けることが可能になっているのです。

特定保管とは、純金積立の資産を運用する会社の資産と、投資家の資産を別々に分けて管理します。

そして消費寄託の場合は、純金積立会社と投資家の資産を1つにまとめて管理している方法になります。

一見すると別々に管理した方が、投資家にメリットがあるように感じると思います。

しかし、消費寄託では、投資家の資産を運用会社が運用に用いるため、運用益を得ることができるのです。

手数料コスト負担がある

純金積立のデメリットは、積立に関して手数料が掛かる点です。

投資には手数料コストを負担するケースも多いですが、金地金などでは手数料コストは掛かりません。

金投資においては純金積立のみ、手数料コストを負担しなければいけないため、コスト面を優先したい方は金地金の投資を検討することもおすすめです。

ローリスクで少しずつ資産を構築できるがローリターン

純金積立は毎月3000円など、少額投資で毎月少ない負担で資産構築が可能です。

そして金相場も価格変動するため、値上がりすれば利益も増えます。

しかし、少額投資の場合はローリターンになるため、短期・中期的に大きな利益を望んでいる場合は100万円以上の資金で一括購入する方法がおすすめです。

あくまで少額投資を前提とした投資計画を検討している方にとって、純金積立はメリットとなる部分が多いでしょう。

純金積立のリスクと回避する方法

続いては純金積立に伴うリスクと、主な回避方法について解説します。

金価格の変動による下落リスク

金は他の資産と異なり、比較的大きな価格変動を示す機会は少ないです。

しかし、世界経済の大きな変化や暴落、各国の対立構造激化などで金価格が急騰することもありますし、反対に下落するケースもあります。

そのため純金積立を行っている方も、積立てている資産が減少するリスクを負っているということです。

金以外の資産運用も行う

金価格の変動リスクを回避する方法はありません。

しかし、下落による損失を抑える方法はあります。それは金以外の資産運用も行うことです。

投資の基本ですが、価格変動リスクを抑えるために分散投資を行い、一方の資産価値が減少しても、もう一方の資産でカバーすることでトータルの損失を抑えます。

金資産もリスク回避資産と考えられていますが、下落する相場も現れます。

ですので株式や債券など別の資産への投資も検討してみるのがおすすめです。

純金積立が向いている人

純金積立が向いている人をご紹介します。人によっては金地金投資や別の資産運用の方が向いている可能性もあるため、ここで純金積立が向いているか確認しておきましょう。

・少額投資で少しずつ資産を積み上げていきたい

純金積立が向いている人は、少額投資から始めて長期的に資産を構築したいケースです。

純金積立は、ローリスクな反面ローリターンでもあり、短期的に大きな利益を狙いにくいデメリットもあります。

そのため長期投資で尚且つ少額で、毎月3000円や1万円といった金額指定を行い自動積立する場合は、1年や5年といったスパンで資産構築を検討している方におすすめです。

金投資初心者

純金積立が向いているのは金投資初心者です。

向いているというより慣れるという意味合いが強いものの、ローリスクですので金相場や投資について学ぶ良い機会でもあります。

また、数1000円から投資できる商品でもあり、少しずつ投入資金を増やしながら慣れていきたい方にもおすすめです。

純金積立は長期的に資産構築したい方におすすめ

純金積立は、金を直接売買する金融商品ではなく、販売会社側で購入資金と金を管理してもらう商品です。

また、毎月3000円など少額な金額から、積立できるので少額投資を始めたい方や、金投資初心者の方にとっても、ローリスクというメリットを得られます。

しかし短期的に大きな利益を得たい場合や、購入後すぐ金を手元に残しておきたい方にとってはメリットが少ないです。

純金積立のメリットは少額投資と積立型の資産構築ですので、これから金投資を始める方は運用方針を決めた上で検討しましょう。