投資のはなし

外貨預金とFXの違いは?安全にお金を増やすならどっち?リスク比較も

資産運用の中で外貨預金とFXのうち、どちらを選ぶか検討している方もいることでしょう。

どちらもドルやユーロといった、外貨に関する金融商品です。

外貨預金とFXは、投資の仕組みから主なメリット・デメリット、そしてリスクとリターンの関係性など様々な点で違いがあります。

しかし投資初心者にとって、外貨預金やFXの違いについて分かりにくい所もあるかと思います。

そこで、ここでは外貨預金とFXの違いと、リスクやリターンに関しても比較紹介していきます。

外貨預金とFXの違い

外貨預金とFXは、共に通貨を扱う金融商品ですので似ていますが、投資の仕組みなど異なる部分も多いです。

FXは外国為替証拠金取引の略称で預金ではなく、外貨預金は売買を行うものではありません。

そのため、それぞれの特徴を理解した上で始めなければ、非効率的な運用になるので気を付けましょう。

外貨預金とFXは投資の仕組みが違う

前述でも触れていますが外貨預金はあくまで預金を行う金融商品で、FXは外貨を使った売買取引を主に行うため、金融商品の仕組みが大きく異なります。

具体的に外貨預金とは、日本円を外貨に換金して預金を行い、以下の2つの利益を得ることを目的としています。

  • 外貨の利息収入を得る
  • 為替レートの変動を活用して、円と外貨の間で起こる変動から差益を得る

次にFX(外国為替証拠金取引)とは、あらかじめ決められて通貨ペアを選び、円や外貨で買いや売り注文を行う取引になります。

そして以下に利益を得る主な方法をご紹介します。

  • 通貨ペアを選び、為替レートの変動を利用して売買益を得る
  • 通貨ポジションを取り、通貨ごとの金利差から利息収入を得る

売買目的についての違いがある

前述の利益を得る方法を見ると分かりますが、取引の仕組みは異なるものの利益を得る方法については似ているため、同じように感じてしまいます。

しかし、外貨預金は長期的に利息収入を得る場合に合っている方法で、FXは為替差益(売買益)を短期的に得る場合に合っている点に違いがあるのです。

たとえばFXは為替差益に関するオプションとして、レバレッジ取引を用意しています。

レバレッジとは資金に倍率を掛けるサービスで、レバレッジ5倍の設定を選ぶと利益や損失が5倍になるのです。

一方外貨預金にレバレッジのサービスはありません。

外貨預金の金利は高め

外貨預金とFXどちらも利息収入を得られるようになっており、利回りについて様々なサイトで解説されています。

高金利な商品はどちらかという疑問に対しては、その時の相場状況によって変わるため明確にどちらが高金利とはいえないでしょう。

しかし外貨預金の定期預金サービスの中には、金利7%の商品もあるため取引を検討していない方にもおすすめです。

手数料に違いはあるが年々変わってきている

外貨預金とFXでは、手数料にも大きな違いがあり外貨預金の方が高い傾向です。

銀行の窓口で手続きを行うと、1通貨辺り1円の手数料がかかることも多く、FXの0.5銭前後と比較して割高になっています。

しかし、ネット銀行では変化が起きています。それは、ネット銀行で外貨預金を行う場合、1通貨辺りの手数料が10銭と従来よりも抑えられているのです。

FXよりも高い傾向ですが、以前よりも手数料コストを抑えているのでコスト面の負担を軽減できつつあります。

外貨預金とFXのリスクやメリット

外貨預金とFXではいくつかの違いがあり、それぞれ独自のリスクやメリットもあります。

これから外貨を活用した投資を始める方は、違いだけでなくメリットなども理解した上でどれに投資するか決めることが大切です。

それでは外貨預金とFXのリスクやメリットについてご紹介します。

FXは追加証拠金リスクがある

FXのリスクといえば、追加証拠金(追証)になります。

追証とは、国内の証券会社で採用されているシステムで、一定の証拠金を下回る金額にあるとロスカット(自動決済)が発動して追加で入金しなければいけません。

そのため生活費など、生活に影響を与えるリスクがあるのです。

まずはレバレッジを掛けず少額取引を行い、FX相場の価格変動に慣れつつ適切な損切もできるようにしましょう。

外貨預金で空売りはできない

外貨預金のリスクとしては手数料コストもありますが、ネット銀行など安いところで取引すれば改善できます。

しかし他のリスクとして、空売りができない点があります。

外貨預金は証拠金取引ではないので、自身が持っている資産でしか取引できません。

つまり円を持っていれば円でドルを購入して長期保有するなど、FXでいうところの買い注文のみとなります。

空売り取引がしたい方は、FXを検討しましょう。

FXは短期売買向きで外貨預金は中長期保有でメリットを活かせる

外貨預金とFXのメリットは、それぞれ以下のことを指します。

  • 外貨預金:長期保有向き
  • FX:短期売買向き

つまり外貨預金には空売りやレバレッジ制度なく、定期預金の金利は高いため売買よりも長期保有にメリットがあります。

そしてFXは価格変動が大きいため、短期売買で利益を得る方に合っています。

外貨預金とFXは似ているが投資メリットが特に違う

外貨預金とFXの違いは、仕組みとメリットです。

外貨預金は証拠金取引ではないので、現物で購入する方式で売り注文から始めることができません。

しかし、定期預金サービスもあるので、FXよりも比較的落ち着いて長期保有可能です。

また、FXはレバレッジ取引ができるだけでなく、空売りもできます。

それぞれの金融商品に合っている取引方法を把握した上で、外貨預金とFXどちらを始めるか決めましょう。