お金を借りる条件

お金をどこからも借りれない時の最終手段とは?安全にお金を調達する方法

借用書を持つ人

どこからもお金が借りれない。

お金に困ったときには、銀行や消費者金融から借りるというのが一般的ですが、それらの金融機関を利用するには審査を通過する必要があります。

この審査はかなり厳しく、比較的借りやすいとされている消費者金融でも審査通過率は50%程度です。

違法な金融業者から借入れをすると、違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式に膨れ上がり、あっという間に返済不能となります。そして、少しでも返済が遅れた場合には、勤務先や親兄弟・親類まで脅迫まがいの厳しい取立てにあい、精神的に追い詰められてしまいます。

引用元:金融庁「違法な金融業者にご注意!」

無理やりにでもお金を借りようと思えば、非正規の金融業者から借りることになりますが、それは破滅の道をたどることになります。

消費者金融など正規の金融業者から借りれない場合は、借入以外の方法も選択肢に入れるべきです。

どこからも借りれない人でも、安全に現金を手にすることができますので、ここではその方法については詳しくご紹介します

今すぐ誰でもお金を工面できる究極の方法は、「クレジットカード現金化」です。

お急ぎの方はこちらの手段を検討してみてください。

このページでわかること

お金を借りれない理由ごとに、最終手段として利用できる借入方法が違いますが、中小の消費者金融、生活福祉資金貸付制度、年金担保融資、契約者貸付制度、質屋など、まだまだ借りれる可能性があります。

手詰まり感があると、ついつい違法な借り入れやリスクの高い借り入れを使おうとしてしまいますが、実際にはまだ救済される方法はあります。

危険性の高い借り入れには絶対に手を出さないで、借りれない理由に合わせた方法で計画的にお金を借りましょう

お金を借りれない理由をはっきりさせよう

お金をどこからも借りれないといっても、借りることができない理由は人それぞれです。

その理由によって、調達方法が変わってきますので、まずは自分がどのタイプに当てはまるのかをチェックしてください。

  • ブラックリスト入りしている
  • 安定した収入がない
  • 低収入
  • 借りすぎていて借りれない

金融機関から借りれない人は、まず間違いなくこの4つのいずれかに該当します。

もしかしたらすべてに当てはまるという人もいるかもしれません。

そうなってくると借り入れはかなり難しそうですが、実際にはまだ安全に借りられるチャンスはあります

どのようにしてお金を借りればいいのか、その調達方法をご紹介します。

お金を借りれないときにお金を調達する方法

どこからも借りれない人の最終手段として残されているのか、下記の調達方法です。

それぞれの調達方法について詳しく見ていきましょう。

中小の消費者金融から借りる

消費者金融から借りられなかったので、どこからも借りれないと判断する人も多いのです。

ところが、よく聞いてみるとアイフルやアコムのような、大手消費者金融の審査に落ちたということで中小の消費者金融は審査を受けていないというケースがあります。

大手でも消費者金融は審査が甘いというような情報が出回っていますが、そんなことはなくブラックリスト入りしている人は絶対に融資を受けられませんし、安定した収入がないと審査落ちしてしまいます。

ところが中小の消費者金融の場合には、大手と同じような審査基準で融資をしていたのでは、誰も利用してくれません。

大手が貸せないような人をターゲットに営業をしていますので、どんな人でも返済できると判断したらお金を貸してくれます

ただし、最初は借りられる金額が少ないため、高額な借り入れには適していません。

とはいえ、柔軟な対応をしてもらえますし、法律の範囲内での融資を受けられますので、安心して利用できるというメリットがあります

生活福祉資金貸付制度を利用する

収入が低く、民間の金融機関から融資を受けられない人のためのセーフティーネットとして用意されているのが、国による生活福祉資金貸付制度です

もし、借りれない理由が低収入だとすると、この生活福祉資金貸付制度を利用できる可能性があります。

基準は住民税が非課税になる世帯ということになりますが、それに該当する場合には、生活費や教育費、福祉費などを低金利で借りることができます。

ただし、国の融資ですので手続き内容が多く、融資までに時間がかかるというデメリットがあります

年金や生命保険を担保に借りる

年金受給者や生命保険加入者であれば、それらを担保にお金を借りることができます。

年金を担保に借りる 年金担保融資
生命保険を担保に借りる 契約者貸付制度

年金担保融資は国による制度で、福祉医療機構と日本政策金融公庫が、年金を担保にした融資を行ってくれます。

高額な融資を受けることはできませんが、想定外の出費があったときなどに、低金利でお金を借りることができます

また、積立額の生命保険の場合は、解約することなくそれを担保にして保険会社から解約払戻金の範囲内で融資をうけることができます。

完済できなくなっても解約払戻金で精算してもらえますので、借金を背負わなくてもいいというメリットがあります

質屋で借りる

お金はないけどブランド品や高級時計、装飾品ならあるという場合には、それらを担保にして質屋でお金を借りることができます。

金融機関と比べるとかなり高い金利を払うことになりますし、返済できなかったときに、大切なものが質流れしてしまう可能性もあります。

それでも、即日融資を受けられますし誰でも利用できますので、確実に返済できるあてがあるのなら、どこからも借りれない最終手段としておすすめの借入先のひとつです。

クレジットカード現金化を利用する

クレジットカードを持っていれば誰でも利用でき、すぐにお金を調達できる方法が「クレジットカード現金化」です。

クレジットカードのキャッシングとは違い、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用してお金を入手します。

現金化の業者が指定する商品をショッピング枠で購入し、購入金額に見合った金額の現金を得ることができます。(「キャッシュバック方式」といいます)

クレジットカードを現金化するためには、できるだけ安全な業者を選ぶようにしましょう。

これから紹介する2社は安全な業者であり、換金率も高い人気の業者ですので、参考にしてみてくださいね。

最大買取率は業界最大の98%「プライムウォレット」

プライムウォレットプライムウォレットは買取金額第1位、優良店総合第1位の最も信頼できる現金化業者です。
たった最短10分で即日振込してもらえるため利用者の人気も高いです。

お申し込みページはこちら >

今契約すると還元率最大5%アップ「しあわせクレジット」

しあわせクレジットは高い還元率で利用者も多い現金化業者です。
24時間WEBから簡単4ステップで申し込みができるため、忙しい方にぴったりですよ。

お申し込みページはこちら >

気になる方はまずそれぞれの公式サイトを確認してみてくださいね。

借りれない理由ごとの調達方法

上記でご紹介した借りれない理由ごとに、どの調達方法を利用すればいいのかをご紹介します。

ブラックリスト入りしている場合の調達方法

中小の消費者金融から借りる
生活福祉資金貸付制度を利用する
年金を担保に借りる
質屋で借りる
クレジットカード現金化を利用する

意外かもしれませんが、ブラックリスト入りしていても融資を受けるのはそれほど難しくありません。

過去に金融事故を起こしていると、どこからも借りれないと思い込んでいるようですが、実はこれだけ借りられる余地がありますので、最適な場所を選んで融資を受けましょう。

安定した収入がない場合の調達方法

中小の消費者金融から借りる
生活福祉資金貸付制度を利用する ×
年金を担保に借りる
質屋で借りる
クレジットカード現金化を利用する

安定した収入がない場合には、収入によっての返済が見込めませんので、何かを担保にしてお金を借りるしかありません。

このため、安定した収入がない場合には、年金もしくは価値のあるブランド品などを担保にお金を借りましょう

低収入の場合の調達方法

中小の消費者金融から借りる
生活福祉資金貸付制度を利用する
年金を担保に借りる
質屋で借りる
クレジットカード現金化を利用する

非課税世帯に該当するくらいの低収入であるなら、生活福祉資金貸付制度が借入先のファーストチョイスになります。

中小の消費者金融でも融資を受けられる可能性もありますが、非課税世帯くらいにもなると、さすがに中小の消費者金融も貸し倒れを防ぐために、審査のハードルが高くなります。

借りすぎていて借りれない場合の調達方法

中小の消費者金融から借りる ×
生活福祉資金貸付制度を利用する
年金を担保に借りる
質屋で借りる
クレジットカード現金化を利用する

借りすぎている多重債務者に対しては、どの金融機関も融資をしてくれません。

法律で決められていますので、中小の消費者金融でもNGです。

このため、基本的には安定した収入がない人と同じように何かを担保にして借りる必要があります。

ただし、多重債務者でもきちんと返済できるあてがあるなら、生活福祉資金貸付制度を利用できることもあります。

ハードルはかなり高めですが、最初から諦めるのではなく、まずは相談することから始めてみましょう。

闇金業者や個人間融資は絶対に利用しない

お金を借りれない理由に合わせて、お金を借りる方法についてご紹介してきました。

ここでご紹介した方法は、すべて法律に則って借りる方法ですので、きちんと返済できるのであれば、安全に利用できます。

このような借り方を知らない人が本当に追い込まれると、闇金業者やソフト闇金、ネット掲示板を使った個人間融資などを利用してしまいますが、それらは違法性も高く、トラブルに巻き込まれる可能性も高いため、絶対に使わないようにしてください

また、クレジットカードの現金化という手法もありますが、違法ではないもののクレジットカード会社がその使い方を認めていませんので、現金化がバレたときには解約されてしまう可能性があります

お金を借りれないのであれば、まずはここでご紹介した4つの借り方を試してみましょう。

特に中小の消費者金融は思ったよりも柔軟な対応をしてもらえます。ただし、借りるときには必ず返済計画を立てて、無理のない借り入れを心がけましょう。