お金を借りる手段

クレジットカード現金化の仕組みと危険性|ショッピング枠でお金を借りる?

クレジットカードを現金にする

今すぐお金が必要なのに銀行や消費者金融の審査に落ちてしまった。

さらにクレジットカードのキャッシング枠も使い切っているという状況。

闇金業者を利用するのは不安だから、もっと安全に現金を手にする方法がないかと探している人がたどり着くのが、クレジットカードの現金化ではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するため、クレカを持っている人なら誰でも簡単に現金を手にすることができます

ただ、その裏には危険性も潜んでいるため、積極的な利用は控えてもらいたいところです。

ここではそんなクレジットカード現金化の仕組みと、利用するにあたっての危険性について詳しく説明していきます。

このページで分かること

金融機関からお金を借りられず、クレジットカードのキャッシング枠も利用可能額がゼロになっているけど、どうしてもお金が必要になったときに、クレジットカードを使って現金を手に入れることが可能です

違法性はありませんが、カード会社は契約でNGとしている行為ですので、バレてしまうと利用停止を受け、ブラックリスト入りするリスクもあります

さらには闇金業者に個人情報やクレジットカード情報が伝わってしまう可能性もあります。

金利もカードローンの10倍以上もあり、利用するメリットは「誰でもすぐに現金を手にすることができる」という点だけです。

借りてしまうとそこからドツボにはまってしまう可能性もあり、とても危険なお金の借り方であることを認識して利用する必要があります。

クレジットカード現金化の仕組み

金券ショップを利用したことのある人は多いかと思います。

観に行けなくなった映画のチケットや、使う予定のないデパートの商品券などを買取してもらえる場所です。

金券ショップでなくともリサイクルショップに物を売ったことがある人は、さらに多いかと思います。

価値のあるものはしっかりと値段を付けてもらえます。

この仕組を利用したのがクレジットカードの現金化です。

クレカのショッピング枠で金銭的価値の高いものを購入し、それを売却することで現金を手にすることができるというわけです。

1万円の商品券をクレジットカードで購入し、それを金券ショップに持ち込むと9500円で買い取りしてもらえたとします。

このケースでは、利息500円で1万円を借りたのと同じことになります。

これが最もシンプルなクレジットカード現金化の方法です。

ただし、現在は商品券をクレカで購入できないケースなども多く、現金化もやや複雑化していますので、ポイントを抑えてもう少し詳しく説明していきます。

種類

クレジットカード現金化には大きく分けて2つのタイプがあります。

  • 商品買取方式
  • キャッシュバック方式

商品買取方式は先程説明した、昔からよくあるタイプの現金化の方法です。

自分で金券などを購入して、それを金券ショップや専門業者に売ることで現金を得ます。

この方法はとてもシンプルですが、クレカの不正使用に該当するため、カード会社にバレてしまう可能性があります

換金性の高いものを購入する場合には、必ずカード会社にチェックされていると考えてください。

このため、何度も商品券や電車の回数券を購入しているとクレカの使用を止められる可能性があります。

もうひとつのキャッシュバック方式は、その問題を回避することを目的にできた現金化の方法です。

この方法は無価値なものにキャッシュバックを付けて販売するという方法です。この場合、商品は何でもいいわけです。

例えば100円均一で売られているボールペンを、8万円キャッシュバック付きにして10万円で販売します。

これをクレジットカードで購入すれば10万円払って、8万円の現金を手にすることができるわけです。

カード会社は物を買われただけですので、チェックすることもないためクレカを止められることもないというわけです。

利用方法

キャッシュバック方式のサービスを利用する方法としては、店舗もしくはインターネットからの利用申込を行います。

最近はリスク回避のために、実店舗を持っていないインターネットサービスのみの業者が増えています。

STEP1.クレジットカード決済で業者から商品を買う
STEP2.キャッシュバックとして指定口座に現金が振り込まれる
STEP3.商品が届く

インターネットを利用した場合はこのような流れになりますが、実店舗で利用する場合には、現金をその場で手渡されることもあります。

また、インターネット利用の場合は送料をカットするために、画像を商品として販売することもあります。

金利

クレジットカードの現金化の場合、金利というよりは換金率・還元率と呼びますが、基本的に考え方は同じことです。

業者によって還元率に違いはありますが、80〜98%くらいが一般的な換金率になっています。金利で考えると2〜20%です。

キャッシュバック方式の場合は、クレカで10万円の買い物をしたら、8万〜9.8万円が振り込まれるということになります。

2〜20%の金利ならそれほど高くないと思うかもしれませんが、これは年利ではなくクレカの支払日までの金利ですので、月2〜20%ということになります。

カードローンなどは高くても年18%までですので、その10倍以上の利息を払うことになります

クレジットカードの現金化に潜むデメリット

ここまでの説明ですと、クレジットカードの現金化はとても魅力的なサービスだと感じるかもしれませんが、実はこのサービスにはかなりの危険が潜んでいます。

場合によっては大きなトラブルに巻き込まれることもありますので、そのデメリットについても把握しておきましょう。

現金化するとカードの使用を止められることも

まず頭に入れておいてもらいたいのは、どのカード会社も現金化を認めていないということです。

法律の隙間を縫うようなサービスですので、基本的には違法性はありませんが、カード会社との契約という点では、ルール違反を犯すことになります。

そして、現金化の対策を行っていますので、商品買取方式での現金化はほとんどできない状態にあります。

キャッシュバック方式であっても、カード会社が本気で調査をすれば、現金化をしていることが簡単に分かってしまいます

1回の利用くらいなら見逃してくれるかもしれませんが、何度も頻繁に利用しているとなるとカード会社も黙ってはいません。

ある日突然クレカを止められる可能性があり、さらにブラックリストに載ってしまうリスクもあるということを頭に入れておきましょう

実質闇金を利用するのと同じ

クレジットカードの現金化を行っているのは、多くのケースで闇金業者です。

別に闇金業者でもいいじゃないかと思うかもしれませんが、このサービスを使うことで、個人情報やクレジットカード情報が闇金業者に流れることになります。

お金に困っていることも知られてしまいます。

そうなるとDMが送られてくることもありますし、電話がかかってくることもあるはずです。

例えばクレジットカードの返済日あたりのお金に困ってそうなタイミングで「融資しますよ」と電話があり、利用してみたら闇金だったなんてこともあります。

知らず知らずのうちに闇金を利用しているのと同じ状態になり、最終的には骨の髄まで搾り取られるなんてことにもなりかねませんので、業者選びはかなり慎重に行う必要があります。

クレジットカードの支払い時期までにお金が必要

当たり前のことですが、クレジットカードの現金化をした場合には購入した額の請求がやってきます。

締め日にもよりますが、基本的には1ヶ月後に支払いのためのお金を用意しなくてはいけません。

ここでお金がない場合には、またどこかからか借りてくることになります。

先程ご紹介しましたように、闇金から声がかかったらついつい利用してしまいますよね。

もしくは、またクレジットカードを現金化するという選択になるかと思います。

その流れにハマってしまうと、利息の返済だけで大変になり簡単に抜け出すことが出来なくなります。

この方法を使ったときには、買い物をしたという感覚が薄れてしまい、支払いのことが頭から抜けやすいという問題がありますが、きちんと計画的に利用する必要があります。

違法性はなくてもリスクが高いので利用は避けるのがベスト

クレジットカードの現金化は法律の隙間を縫うような方法を採用しているため、現時点では違法性がないとされています。

ただし、カード会社は正しい使い方ではないとして、可能な限りの対策を行っています。

その最大の理由が、クレジットカードを現金化しなくてはいけない状態にある人の多くが、債務整理一歩手前にあるためです。

銀行や消費者金融からも借りられず、キャッシング枠も使い切っているというのは、カード会社からしたらとても危険な状態にあり、現金化は債務整理に至る最後のひと押しなってしまう可能性があります

どうしてもお金が必要なときに、絶対に使ってはいけないという根拠はどこにもありませんが、利用する前には本当にそれで助かるのかをよく考えてください。

一時しのぎにしかならないのであれば、破綻するのを先送りしているに過ぎません。

クレカを停止されたり、闇金業者に個人情報が流れたりするリスクもあります。

そういう点を総合的に考えたとき、クレジットカードの現金化はおすすめできません。

どうしても使わずにいられないときには、きちんと返済計画を立ててから利用してください。